先週にひきつづき・・・水辺のお話・・・

LINEで送る
Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

EEEここ、ポンヌフ。新橋って訳すと、おかしいわね。かなり昔の、パリで一番古い、石の橋らしいわね。お茶の水の”聖橋”を見たとき・・・あ!ポンヌフ!みたいと・・思ったの。

でね、ここを行くパリジェンヌも・・やはり・・春を意識した感じになったようよ。シフォンね。水辺でふんわりシフォンはパリの春ってわけね。もちろん、パリでは・・コートは必須みたいね・・それがTOKYOとの違いね。

私がおすすめ!パリジェンヌ風シフォンドレス!まずは!これ。

QQQ5QQQ11ね、いい感じでしょ。大人パリジェンヌ!デザインはいたってシンプル。それが、着やすいのよ。シフォンOPは、上身頃が比較的コンパクト・・そしてスカートがふんわり・・それがベース。このOPはマキシなのに・・上品可愛さがあることね。カラーパンプスあわせたら・・目を引きそうね。http://and-mico.com/products/detail.php?product_id=1805

ロマンティック気分におすすめは・・・

QQQ12RRR3ふんわり袖にウエストリボン。ピンクローズがロマンティックでしょ。MINIじゃないのよ・・長身モデルのせいよ。仕事を忘れて・・休日をロマンティックに過ごせそうでしょ。彼もうきうき・・よ。 http://and-mico.com/products/detail.php?product_id=1796

そしてね・・・・シフォンじゃないだけど・・・これ!はずせないのよ・・

QQQ4QQQ12

ね!可愛い!でしょ。これはね、ビンテージコットン(ストック生地)なの。昔っぽいでしょ。肩のデザインもまるで60年代風。映画”ポンヌフの恋人”ってとこね。ウエストベルトの赤が利いてるわね。ルージュを引きたくなる・・・http://and-mico.com/products/detail.php?product_id=1800

ポンヌフってわけにはいかないから、お茶の水の聖橋で待ち合わせて・・大聖堂あたりをデートしてみない!?

SEE YOU NEXT WEEK