パリジェンヌの週末は、ル・アーブルへGO!!

WWWttt

ル・アーブル・・パリからセーヌを下って出た海辺の街。2時間半くらいかしら。TOKYOにとっての湘南。簡単に来れるパリジェンヌのお手軽バカンス地ね。もう、週末はパリジェンヌが大挙やってくるのよ。地中海へは簡単にはいけないからね。

もう、プチバカンススタイルの女子満載。露出を楽しむ・・のが、ル・アーブルでのルールみたいね。

こんな感じが多いのよ。

QQQ10QQQ11

背中を開けた開放的スタイルね。それでいてロングだから子供っぽくないの。大きく結んだバックリボンも心ウキウキって表現してるみたいね。http://and-mico.com/products/detail.php?product_id=1989 ね、大人女子の可愛さよね。

つづいて・・同じく大人女子は・・・

QQQ7QQQ10

60年代のオードリースタイルね。この当時、サンドレスと呼ばれていたみたいよ。ヨーロッパの人は、太陽の季節=休暇 としてわくわくしていたのよ。シャーリングでバストからウエストはコンパクト。その分、スカートがたっぷりボリューミー。まさに60年代スタイル。誰が着ても・・可愛く見えちゃうの・・http://and-mico.com/products/detail.php?product_id=1996

そして、ル・アーブルでのパーティも意識したスタイルがこちら・・・

QQQ1QQQ4

ね、海辺のレストランBARでPARTY・・って感じね。上品だし、程よく開放的。フランスは、レースやジャガードといった生地が大好きなお国。もともと、リヨンって都市がヨーロッパのおしゃれ生地発祥の地だったみたいね。それもあって、パリジェンヌはヨーロッパで際立ったおしゃれさんとなったってわけ。http://and-mico.com/products/detail.php?product_id=1994

私?!私はね、ロマンティック派じゃないから・・・ちょっぴり気分開放して・・・

QQQ16QQQ4QQQ9QQQ1

これ!これね、ワンピースなの。TOPが重なっていて、SETUPに見えてるの。TOPとSKIRTとで編み地も違っていて、ポイント高い!週末の海辺の休日!!って感じでしょ・・・ああ、私も休暇ほしい!http://and-mico.com/products/detail.php?product_id=1987

SEE YOU NEXT!